×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


HOME PROFILE PHOTO BLOG LIVE LINK
noize noize 珠猫っち!
profile 〜about 珠猫(じゅね)

4歳でピアノをはじめ、10歳でピアノアレンジで聞き覚えの曲を弾くようになり、12歳で作曲をするようになる。ピアノと作曲は高校入学〜大学受験のドサクサで中断、22歳でふとしたことから弘前大学ジャズ研究会に入部、しばらく停滞し、退部を勧告されたが、PCゲームにはまる日々を直し、クラシックもチェルニー30番からやりなおし、1日8時間の練習が出来るようになってから、急激に上達、内山善雄セッションに積極的に参加、卒業後は1年国試浪人だったため、東京のミュージシャンとも交流を持つ。

弘前大学研究科博士課程在学中 、廣木光一バンドの弘前公演のマネージメント、五所川原エルムでのピアノ演奏活動など、精力的に活動するが、考えることあり、大学院博士課程を中退し、単身上京。年度途中だったため、指導が受けられず、2ヶ月で病欠、その病院には7ヶ月在籍した。パート・特殊技能系アルバイトで食いつなぐとともに、ホットミュージックスクール寺下誠氏に師事、同時に田中信正氏に師事。金曜の昼のピットインのセッションでは皆勤賞をとる。都内でピアノソロのクラブやラウンジのアルバイトもいくつか経験する。ブルースミュージシャン表雅之氏とも親交があり、いろいろ教わる。東京では徐々に仕事と生活に追われる毎日になり、ほとんどピアノも弾けなくなり、また、資格も専門もないことから焦り、心身ともにくたびれきって帰省。

弘前帰省、弘前市内で勤務。れもんでの内山善雄バンドの3セット目のセッションに参加。同時に坂元輝氏に師事するようになる。2年目にレギュラーの誘いを受けるが、仕事が大館に転勤したため、断ってしまう。その間もギターや作曲をしたり、R&Bのバンドに参加するなど寄り道をしたが、仕事が激務なため、そういった活動からも遠ざかる。

4年間のブランクの後、内山セッションで1曲だけ弾いたが、案外弾けた。でも、譜読みとコードはすっかり忘れていた。そこで再び、坂元輝氏のレッスンを受けるようになる。

現在、弘前市内平日、金曜〜日曜はギタリストである東京都台東区の宿六(ふみこ)の元で生活。占術業、音楽などなにかとパートナーである、おかにはふみこ氏から、急遽、ベースや、パンク系ボーカルを振られ、「なーに、パティスミスのようにぎゃあぎゃあ言ってりゃいいんだよ」ということで、ウィスパーノイズアーティスト「あなるちゃん」の影響もあり、ステージネームを「珠猫っち」に決定。するが、珠猫っちと決めて数日でふみことの風関係が悪化したため、元々の芸名である「珠猫」に戻した。

現在の参加バンド
弘前代官町れもん 石郷岡薫トリオ (p)
早稲田あかね ロンボクトウ(ミニKB)
鶯谷What'up ミッドスクエア(b)
鶯谷What'up 焼酎怖い(Cho)

ま、マルチプレイヤーです。よろしく。

ご連絡関係 june@nishima.org
スパムが多いため件名を「noize noize 珠猫っち!見ました」にしてくださいね。


HOMEへ戻る















Copyright(c)2007 noize noize 珠猫っち! All rights reserved. Base template by WEB MAGIC.